ニキビ跡を消すには?

ニキビ跡治療は保険適用? - ニキビ跡を消すには?

ニキビ跡を消すには? > ニキビ跡治療は保険適用?

ニキビ跡治療は保険適用?

ニキビの治療には様々なものがありますが、保険の適用はあるのでしょうか。
実は、保険適用になる治療とならないものがあるのです。
ご存知でしょうか?

ニキビ跡の赤みが辛く、どうにかしたいと思い皮膚科へ行って治療をお願いしてみると・・・「美容クリニックへ行ってください」なんて言われる事があります。
なぜかというと、ニキビ跡を消したいということは、「見た目を良くしたい」という認識になり、これは美容クリニックの管轄になるのです。
保険の適用がされる皮膚科は、病気の治療という認識になるので、あくまでもニキビの治療になります。
ニキビ跡がある中、新しいニキビが出てきている段階であれば、ニキビの再発という認識になるので、皮膚科で保険適用の治療ができるのです。
ですから、ニキビはもう出てきていなくて跡だけが残っている状態、それを改善したいということになると保険適用になりません。

皮膚科では、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)といって、初期段階の白ニキビや黒ニキビを保険適用で治療するはとができます。
これは、毛穴の汚れやつまりを取り出すものです。
また、炎症が起きた状態には面皰圧出は難しいのですが、塗り薬や飲み薬などで治療してくれます。
つまり、皮膚科での保険適用の治療は、現在進行形のものに対して、ということになるのです。
ですから、ニキビが再発している状態で保険適用の皮膚科で治療を受けていても、過去のニキビ跡については治療は施されないといういことになります。
しかしながら、現在進行形の治療をすることで、今後のニキビ跡のケアはできるので、費用面も含め、皮膚科への通院をオススメします。

top