ニキビ跡を消すには?

乾燥肌を改善してニキビ跡を治す - ニキビ跡を消すには?

ニキビ跡を消すには? > 乾燥肌を改善してニキビ跡を治す

乾燥肌を改善してニキビ跡を治す

ニキビ跡を治すには、肌を乾燥させたほうがいい、という人やしっかり保湿しないといけないという人がいらっしゃいます。
いったいどちらがいいのでしょうか。

それは「保湿」です。
つまり乾燥肌の改善が重要なカギとなるのです。
なぜかというと、肌が乾燥すると水分が抜けてしまい、新陳代謝やターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。
乾燥してしまった元気のない肌では、ニキビ跡を治すことなんてできません。

では、そもそも乾燥肌とはどんな状態か説明しましょう。
乾燥肌とは、肌の表面だけがカサカサと乾燥しているだけでなく、肌の内部で水分を保つことできなくなっている状態です。
ですから、保湿化粧品を塗ってもなかなか潤わないのです。
また、水分の足りていない肌は何とか潤いを保とうとして皮脂を分泌します。
バリア機能も低下するので、外部の刺激から守るために角質がどんどん厚くなり毛穴をふさいでしまい、さらにニキビの原因ともなるので悪循環が生まれてしまうのです。

乾燥肌を改善するための保湿の方法としては、化粧水で十分に肌の表面に水分を補給し、その潤いを閉じ込めるために乳液などでしっかりカバーし、潤った状態を保つことです。
因みに、ニキビ跡にもいろいろありますが、乾燥肌の改善で効果的なのは「色素沈着」によるニキビ跡の状態です。
ニキビを長い間放置してしまい、肌がクレーター状態になってしまうと、なかなか治すことは難しくなります。
長期間かけて長い目でゆっくりじっくり根気強く治していかなければなりません。
ですから、ニキビ跡には早めの対策をとるようにしましょう。

top